期間工の求人で寮に入るべきか

by author



期間工の求人のメリットの1つに、寮費が無料もしくは格安となっていることがあげられます。
寮費が無料で、さらに水道光熱費まで無料ならば、稼いだお金はほぼすべて手元に入ってきます。
遠方から働きに来ている人は、寮に入るしか選択肢がありません。

自分で部屋を探すにしても、遠方から希望の部屋を探すことは難しいため、まずは寮に入ってそれから部屋を探すことになるでしょう。


しかし、期間工の仕事は期間限定の契約社員の仕事です。自動車工場ならば、6ヶ月が契約期間となっていることが多いです。



契約が更新される可能性もありますが、6ヶ月で終わってしまうこともあります。



たった6ヶ月のために新規で部屋を借りるというのははっきり言って割りに合いません。それならば地元で仕事を探したほうがよいでしょう。

NAVERまとめ情報は見逃せません。

遠方から来る人は寮に入ることが最もおすすめです。

もしも自宅やマンションから通える人の場合、どうするのがよいでしょうか。


寮に入れば送迎のバスが出るので、通勤には便利です。しかも寮費や水道光熱費が無料ならばデメリットはありません。

6ヶ月で契約が終わる可能性を考えると、賃貸マンションに住んでいる人は部屋は解約しないほうがよいかもしれません。
それならば、賃貸マンションから車やバイクなどで通勤をしたほうがよいようにも思えます。

期間工の仕事は十分な給料がもらえるため、賃貸マンションから通っても貯金はできるでしょう。

賃貸マンションを解約して寮に入れば一番節約効果はありますが、もしも6ヶ月で契約が終わってしまったらということを考えるとリスクもあります。
この場合はケースバイケースで考えるべきでしょう。自宅に住んでいる人はデメリットがないので、悩む必要もあまりなさそうです。