車製造に関する期間従業員の求人

by author



数年前のリーマンショック以後数年間は世界的に経済活動が低迷し、日本も大変な被害を受けました。

特に日本経済の屋台骨を支えると言われていた自動車産業が大きく落ち込み、円高による国際競争力の低下もあって、軒並み自動車メーカーが期間従業員の雇用を減らしました。

当時の有効求人倍率は0.5を下回るという非常に厳しい状況でしたが、あれから経済は中国の台頭や円安の影響で再び息を吹き返し、各自動車メーカーも期間従業員の求人数を増やしています。



期間従業員は全体的に日給が高く自動車関連の期間工も例外ではありません。

大抵の場合は工場での作業となる為、郊外のあまり交通の便が良いところとは言えない場所で就業することになりますが、寮のあることが大半で、普段の生活に必要なものは揃っていることが多く、身一つで働けることが魅力と言えます。
期間を完了した場合には報奨金が出るところもありますし、入社時に祝い金が出るところもあり金銭面でも優遇されているところが多くあります。

NAVERまとめに関する情報をまとめました。

水素自動車や無人自動車が増えていくことが予想されることからも、自動車産業における期間工は、仕事の面で一定の需要が見込まれることも魅力の一つと言えます。



高齢化社会に伴い、これからは人手不足が深刻化してくるので、日本の基幹産業で技術を見につける方法として期間工の求人を選択することは検討の余地があると言えます。技術を見に付け改善提案を行うことで、普段の仕事にもやりがいを持つことができ、正社員への道も可能性として考えられる魅力のある仕事と言えます。